Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//相談する相手

ブログ

相談する相手

今回は悩みを相談する相手についてお話します。

悩みを抱えた時、あなたは誰に相談しますか?
理解してもらえず、見当違いなアドバイスをされると辛くなることありますよね。

今日は私の話をしようと思います。

私には子どもが3人います。

1番上は夫の連れ子で、2番目と3番目はセメント(夫と私の間の子)です。

2番目も3番目も妊娠が発覚してからすぐにつわりが始まり、少し経つと水を飲んでも嘔吐する日々が長く続きました。
吐きすぎて喉が痛くて、それが辛いから無理して何かを飲み込む。
でも、味覚がおかしいので、何を食べてもおいしくなくて、何を食べても冷凍庫の中の匂いを吸収した霜を食べてるような変な味がしました。
たくさんの食べ物を試して、やっぱりだめで、トイレに駆け込む。

そんな状態でした。

そんな中、産婦人科の定期検診の項目に「食事内容のチェック」がありました。
体重管理や栄養バランスを見る為のものです。

正直に書いた私のチェックシートを見て、看護師さんは一言「こんなもの食べてるの!!??」と軽蔑するような目で私を見ました。

数日間の食べた食材の中に、何度も「ごはん・高菜の漬物・マヨネーズ・醤油」と記入してあったからです。
つわりの酷い中、検診の数日前に【ごはんに高菜の漬物と醤油マヨネーズをかけたもの】なら食べれることを発見しました。

まともな食事をとれていない中で、やっと「おいしい」と思えた食べ物でした。
やっと吐かずにごはんを食べれた味でした。
冷凍庫の匂いを吸収した霜の味がしないごはんをやっと数日食べれた矢先の検診でした。
つわりでもぐったりしながら、看護師さんの言葉に更にぐったりしました。

看護師さんの言葉は赤ちゃんの為を思ってのことだとは理解できます。
私だって赤ちゃんのために体にいいものを食べてあげたいと心から思っていました。
でも、何も食べれなかった状態でようやく食べられる味を見つけたのに・・・
もう少し理解してくれたうえで話して欲しかったと、とても傷ついて家に帰りました。

多分。看護師さんはつわりの軽かった方なんだと思います。
のどが痛むほど吐き続けるつわりは経験していないけど、妊娠の知識はある。
だから「こんなもの食べて、赤ちゃんが可哀そう」という目で私を見たんでしょう。

もしも、ひどいつわりを経験した人がぐったりしている私のチェックシートを見たら
「同じものを食べているけど、もしかして今この味しか食べられないの??」と、聞くこともできたはずです。

赤ちゃんのために何かアドバイスするにしても、一度理解する姿勢をもってくれていたら印象はだいぶ変わります。

その経験は、私にとって重要な学びになりました。
表面上だけで判断するのではなく、相手がなぜそうしているのかを聞いて読み取ることを心がけるようにしています。

ステップファミリーの悩みにも同じことが言えます。

経験したことのない人に、ステップファミリーの辛さはきっと分からないと思います。
でも子育ての経験や、教育の知識を持っていると、一般的な子育てのアドバイスはできてしまう。

その一般的なアドバイスは、血のつながりのない子どもを育てる葛藤には寄り添えないことがあります。
ステップファミリーの悩みは、ステップファミリーについて理解のある方に話してみてくださいね。

今は辛い真っただ中かもしれません。
何故自分だけがこんなにつらい思いをしなければならないのかと思うこともあるかもしれません。

ステップファミリーに悩んだ時、
全ての悩みをステップファミリーが原因だと紐づけてしまいがちですが
実はそれが原因じゃないことも多々あります。

カウンセリングや交流会で自分の気持ちを理解してくれる人に出会えるだけで救われることもあります

時間をかけて、ステップファミリーとして継母としてやりつづけていくと自分流を見つけられる日が必ずきます。

今朝、高菜マヨごはんを久しぶりに食べて、あの時のことをふと思い出しました。

渡邊 菜美子
SHARE
シェアする

ブログ一覧