おやこリンクサービス

調停中で試行面談を求められています。離婚が成立していないのですが利用可能ですか?
父母共に合意(実施の合意・いつごろ実施したいのか?・第三者機関を利用する合意・料金の負担割合の合意)ができている場合はお話をお聞きした上で判断させていただきます。その場合には試行面談としての契約になりますので1回ごとの契約になります。離婚成立後に定期的な契約とさせていただきます。
子どもにプレゼントを渡したいのですが自由に渡せますか?
お誕生日、クリスマスなどの行事にあわせてプレゼントを贈ることをおすすめしていますが、その際には事前に相談してください。同居親の了解を得て渡すことが可能です。
祖父母と一緒の面会交流は可能ですか?
基本的に別居親と子どもの触れ合いを大切にする為の面会交流ですが、養育親の合意がある場合には祖父母同席の面会も行っております。断りなく急に同席されるのは困ります。事前に必ず相談してください。
面会交流の頻度が多くても利用可能ですか?
月2回以上になる場合にはお断りさせていただいていますが、平日の面会交流が可能な場合には検討させていただきます。土日の支援はスタッフ不足につきご理解ください。
遠方でもサポートをお願いすることはできますか?
支援対象地域以外でのサポートは、基本的には行っておりません。
他の支援団体との併用は可能ですか?
団体ごとにルールが違うため、他団体との併用はお断りしております。
どのような人が支援してくれるのですか?
私たちのスタッフはカウンセリング研修を受けている者で、子育ての経験がある者を中心に組織しています。安心してお任せください。
面会交流中のビデオや写真撮影は可能ですか?
お子さんが嫌がることがなく、養育親の合意があれば可能です。
乳幼児が3人います。全員まとめて面会交流をお願いできますか?
離別親がどの程度、お子さんの面倒を見れるかを判断してスタッフが2名体制になることもあります。ケースにあわせてお見積りいたします。
3時間以上の付添い面会交流の支援はしていただけますか?
基本3時間までの対応とさせていただいています。遠方に出かけたいなど特別な場合にはご相談ください。可能な限りご相談に応じます。
最初から連絡調整だけをお願いしたいと思っていますが可能ですか?
初回は付添い型の面会交流にさせていただきます。2回目以降に連絡調整に移行するのは可能です。ご両親とお子さんの様子を把握して継続して良い連絡調整ができるように配慮していますのでご理解ください。
子どものために面会交流に前向きに取り組もうと思っていますが、どうしても離婚や相手のことを考えると心が落ち着きません。
離婚理由がDVやモラハラ等で悩んでご相談に来られる方が沢山います。そんなお気持ちに配慮しながら支援をしますので、ぜひ、カウンセリングサービスもご利用ください。   NPO法人M-STEPオンラインカウンセリング
第三者機関の利用の合意はとれているのですが、相手が事前相談に行きたくないといっています。それでも利用は可能でしょうか?
基本的にはご両親の事前相談が必要です。遠方にすんでいたり、お仕事が忙しいなどで時間がとれない場合には、電話やビデオ会議システムで事前相談とさせていただくことも可能ですのでご相談ください。
面会交流の場所は毎回違う場所にお出かけできますか?それともある程度、決まった場所を決めておいたほうがいいでしょうか?
お子さんの年齢やお父さん(お母さん)との関わりにあわせて、場所についてはご相談させていただきますが、最初は「いつも会う場所」を決めておいた方がよいかと思います。事前相談の時にご相談させてください。
子どもの急な発熱などでのキャンセルは可能ですか?キャンセル料金は発生しますか?またその場合には振り替えができますか?
キャンセルの場合には前日の夜8時までにご連絡ください。それ以降のキャンセルはキャンセル料金が発生します。振替は基本行っておりませんが、スタッフの都合がつく場合にはご相談に応じることもあります。
夏休みやお正月休みなど、子どもの休みにあわせて宿泊型の面会交流を予定しています。その際の送り迎えの支援は可能ですか?
可能ですが、スタッフの拘束時間が長くなるため若干、料金が高くなることをご了承ください。別途お見積りさせていただきます。
面会交流後のご報告はどのようにいただけますか?
お子さんがどんなことをして過ごしたかなどは、面会交流が終わってお引渡しするときに口頭でお伝えしています。何かご心配事がある場合には後日改めてご相談ください。(お子さんの前で心配事をお話するのは避けたいと思っています)
「利用料金はご相談をお聞きした上でお見積りします」とのことですが、どんな基準で決まるのか教えてください。
基本料金は15,000円(3時間以内)~になります。あとはお子さんの年齢、人数、面会交流される場所、離婚前の親子の関わりなどをお聞きして考慮します。また、土日はどうしても支援が集中するため、平日に面会交流を希望される場合には若干、安くお見積り差し上げることが可能です。
どのくらいの期間で第三者期間を利用しなくても、自分達だけで面会交流の調整ができるようになりますか?また逆に利用できる期間に限りはありますか?
「付添い型~受け渡し型~連絡調整型~自立」となるまでの時間は一概には言えませんが3年以内をめどに目指してほしいとは思っています。私達が様子を見ながらご両親に提案しますが無理強いはしません。利用期間に限りはありませんが、お子さんが大きくなって自分で連絡がとれるようになってくると自然に必要なくなることがこれまでには多かったです。
一般的な面会場所を教えて下さい。また、キッズルームなど室内で面会交流できる場所はお持ちでしょうか?(悪天候の場合など)
児童館、図書館、公園、水族館、遊園地、博物館など、様々ですが、慣れるまでは一定の場所を決めて親子のコミュニケーションをしっかりとることに集中することをおすすめしています。そのため初期段階では児童館、図書館などを利用することが多いです。こちらの事務所を利用することも可能ですが、千葉県柏市(TX柏たなか駅)になります。